不動産を契約するときには駐車場や設備をチェックする

競売までの過程

ナチュラルルーム

競売というのは、人によっては強制的に参加させられることがあります。例えば、ローンを支払うことができないのであれば、それを抵当として持っていかれることになります。そのときに販売される方法が競売なのです。流れとしては、どうしても支払うことができない、と確定した後に手続きが行われます。 しかし、これは自分の物件を競売で持っていかれる流れであり、当然ですが、買う側になることもあります。その場合の競売の流れも大して難しいことではないのです。 まず、流れとしては、登録をすることになります。自分が競売に参加できるだけの担保があるのかどうか、ということを確認してもらうのです。保証金を出したり、身分証明をしたりすることになります。

不動産競売は、債権者より不動産競売の申し立てがなされることにより開始されるという流れです。 つまり、不動産ローンとしてお金を貸し付けた債権者が、ローンの返済が成されなくなった場合、不動産ローンの残金を回収するため、その担保物権を競売します。 より具体的な不動産競売の流れは、何の音沙汰もなく、不動産ローンを3ヶ月程度滞納すると、債権者より競売の申し立てが行われます。裁判所において不動産競売開始決定がなされると、その物件につき、広告がなされます。その後、執行官が競売物件を直接訪れ、関係者から事情を聴取するなどして、物件に関する調査が行われます。その後、不動産鑑定士により鑑定が行われ、売却基準価格が決定します。 この後、入札が行われ、開札し売却が完了するというのが流れです。競売開始よりおおむね1年から1年半程度で完了します。 任意売却をする場合、この流れで言うと、開札期日までに確定させなくてはなりません。